お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー

みなさんは日常的に香水って愛用していますか?中には『ここ一番!』という時にだけ使うという人もいるかもしれませんね。

ふとした瞬間にお気に入りの香りをふわっと香らせることで、日常生活の中のさり気ない一瞬を深く印象に残す効果があります。

香水や柔軟剤やデオドラントスプレーでも、さり気なく上品な香りをコントロールしている人は魅力的でもあります。

僕も長年同じ香水を愛用しているんですが、お気に入りの香りをスタイリッシュに携帯できる無印良品の定番アトマイザーがシンプルでおすすめなのでご紹介しましょう。

香水を使ったことがない初心者の方にもわかりやすい「香水の種類の違い」についても解説しているので、スメハラにならないよう参考にしてもらえたら嬉しいです。

無印良品の定番「アルミ アトマイザー」

無印良品から発売されているアトマイザーは1種類のみなのですが、無印良品らしいシンプルなシルエットとアルミ素材で、使う人の幅広いスタイルに合うデザインです。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
高級印鑑のような雰囲気|アルミ アトマイザー 750円(税込み)

外観は高級印鑑のような印象です。
手にしてみると、サラッとしたアルミ素材が手になじみます。

スポンサーリンク

高い気密性とていねいな設計

無印良品のアトマイザーは、ガラスとアルミ素材のパーツ同士が気密性の高い作りになっているので安心感があります。

きちんとキャップを閉じておけばカバンやポケットの中での液漏れの心配もありません。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
キャップ・スプレー・ガラス瓶・アルミカバーで構成されている

アルミキャップとカバー部分は、回転させずにまっすぐ引き抜くように着脱します。

以前ご紹介した、ミントタブレットをスマートに携帯する方法で登場したアイテムとの相性もバッチリなので、持ち物の素材感や色を揃えてコーディネートしたい人にもピッタリです。

関連記事

清涼感のあるミントタブレットは、食後のエチケットや眠気覚ましなどリフレッシュでするのに愛用している人も多いのではないでしょうか。 ミンティア派とかフリスク派とかありそうですが、実は、無印良品にも同じようなミントタブレットが売られていま[…]

無印良品の携帯灰皿はミントタブレットをスマートに持ち歩くのにぴったり

商品概要

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
アルミ アトマイザー 750円(税込み)
外寸 外径約17×75mm
容量 約4.8ml
リフィル・付属品 ポリエチレン製スポイト
重量 約20g(梱包材含む)
無印良品の店舗ではもちろん、オンラインストアで購入可能です。

アトマイザーの使い方|お気に入りの香水を詰替える

次にアトマイザーの使い方を見ていきましょう。

香水やオーデコロンの入っているビンのまま携帯するのは少々大きすぎるので、アトマイザーにお気に入りのフレグランスを詰め替えて携帯します。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
付属のスポイトで詰め替えていく

無印良品のアトマイザーには、スポイトが付属しているので、お気に入りのフレグランスのボトルのスプレー部分を開けて、スポイトで詰め替えていきます。

細々買い足すものはありません。

詰替えの量は、アトマイザーの8割くらいまで

ついついアトマイザーいっぱいに詰替えたくなるところですが、詰替えの量は、アトマイザーの8割くらいまでを目安に詰め過ぎないようにするのが大切です。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
香水を満タンにするのはNG

詰め過ぎは液漏れの原因にもなるので注意しましょう。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
ガラスびんの80%くらいが目安

容量は約4.8mlです。
この量でも使用頻度にもよりますが、1度詰替えておけば1週間以上は持つかと思います。

まとめ|さり気ない香らせ方でイケメン度UP

「香水」とひとくくりに呼んでしまいがちですが、実はエタノールと香料の配合のバランスによって香りの持続時間が異なるので、使用頻度や使用量も変わってきます。

お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
筆者が愛用しているのは「オードパルファム」

愛用の香水のパッケージやビンのラベルを注意して見ると、「オーデコロン」「オードトワレ」「オーデパルファム」「パルファム」といった記載がされているはずなのでチェックしてみましょう。

種別 香料含有濃度 エタノール濃度 持続時間
オーデコロン 1〜5% 約80% 1〜2時間
オードトワレ 5〜10% 約80% 2〜5時間
オードパルファム 10〜15% 約80% 5〜12時間
パルファム 15〜30% 70〜80% 5〜12時間

パルファムなら使用頻度や使用量も少なく、オーデコロンだと使用頻度や使用量が多くなる傾向にあります。

いずれも、香りは下から上に香ってくる性質があるので、くるぶしや腰骨のあたりに少量使用するのがさり気なく香らせるコツです。

ただ、愛用している香水メーカーや調香、あるいは気温や湿度によっても香り方に差があるものですから、ご自身の愛用の香りと使用量のバランスを研究してベストな使用量を発見してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
目指せイケメン!お気に入りの香水をスタイリッシュに携帯する無印のアトマイザー
最新情報をチェックしよう!