神保町で行列必至な刺激的ラーメン『馬子禄牛肉麺(マーズルーぎゅうにくめん)』

『馬子禄牛肉麺(マーズルーぎゅうにくめん)』。 11月から営業時間の拡大などもあり、ようやくその味を堪能しやすくなったようなので、満を持して、神保町界隈のおひとり様ランチを愉しむ本サイトでもご紹介します。

いただきます:蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン) 880円

[caption id="attachment_5450" align="alignnone" width="1280"]蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン) 880円 蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)880円[/caption] 数ある蘭州ラーメン店の中で唯一中国政府から中華老舗ブランドとして認定され「中華老字号(ジョンファ・ラオズハオ)」という本物の老舗だけが持っている称号を授かった銘店が『馬子禄(マーズルー)』というお店とのこと。 そんな蘭州ラーメンに魅せられて、中国蘭州(シルクロードの辺り)にある「馬子禄」本店で本場修行を積んできた「店長・清野 烈さん」が満を持してオープンした一軒です。 メニューは一択。蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン) 880円であり、パクチー有りの場合のパクチーの量、もしくはパクチー無。ラー油有りの場合のラー油の量、もしくは無しで味を決めるようになっています。 そして、もうひとつの醍醐味は、麺の種類を『細麺』『平麺』『三角麺』から選択することで、シンプルでありながらも何度も違った味と食感を選べる仕組みになっています。
スポンサーリンク

初心者におすすめな『パクチー普通・ラー油普通・細麺』の組み合わせ

シルクロードで物流が行われていた時代から栄えた街ならではの発想なのかもしれない、「ラーメンにパクチーをトッピングしちゃおう」というチャレンジ。 タイ料理でスタンダードなパクチーとラー油の辛さ、そこに牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと一緒に長時間煮込んで作られたスープの上品さを感じつつも、上品すぎない刺激が感じられる一品です。 そして、辛さが苦手な方はよりラー油を少なめにした方が、牛の凝縮された旨味と薬膳スパイスの香りを愉しめます。

蘭州牛肉面を彩る風味:牛肉・大根・手作りラー油・パクチー・葉ニンニク

一見、主張し過ぎそうな風味でありながら、それらが絶妙なバランスでトッピングされていて、どれもが尊重し合って織りなす味であります。

細麺は適度にスープが絡みます

絡み過ぎず、絡まなすぎず。 非常に良いバランスで麺とスープと薬味を口に運ぶことができる印象です。 少し濃い目にスープの味を愉しみたい時には、レンゲを使ってスープも同時に口に運ぶと良いと思いますよ。

店舗情報:馬子禄(マーズルー)

住所
千代田区神田神保町1-3-1-1F
TEL
03-6811-7992
営業時間
【昼の部】11:00〜14:30(L.O.) 【夜の部】17:00〜20:30(L.O.) *スープが無くなり次第、終了
定休日
水曜日
最寄り駅
神保町駅 A7出口 徒歩3分 JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩10分
WEB
ホームーページ食べログ

ごちそうさまでした:思い出すと食べに行きたくなる、ここでしか味わえない逸品

こうして記事を書いていてもその刺激と旨味がバランス良く交わった蘭州牛肉面の味を思い出してしまい、また食べたくなってくる…不思議な『中毒性』があります。 僕はめったにラーメンのスープまで飲み干さないタイプですが、ついつい『この刺激と味がくせになるわぁ、もう一口』と続けるうちに飲み干してしまいます。
[yoko2][cell][/cell][cell]11月から待望の夜の営業も始まりまして、食べやすくなったとは言え『スープが終わりしだい終了』ということには変わりないですので、神保町にお出かけの予定の方はぜひ早めのランチを企画するのがおすすめです。[/cell][/yoko2]
ランチタイムは開店と同時11:30に来店するとスムーズに入店できますよ。 ちょっと遅めのランチをすることが多い僕は、いつも店を出ると『本日分完売』の看板を目にします…。]]>

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!